SILS(早稲田大学国際教養学部)偏差値、入試データ

1.早稲田大学国際教養学部合格最低点・英語、国語平均点


 

上記グラフのように、早稲田大学国際教養学部合格最低点は、過去5年間の平均で、130点程度(200点満点 得点調整済み)となっている。得点率に換算すると、約66%となるので、感覚として6割5分割程度得点できれば合格が見えてくる。7割取れるとかなり合格に近い数字と言える。

一方英語の得点は過去5年間の平均で59.6点(100点満点 得点調整前)であり、約6割である。問題の難易度を考えると、高い平均点と言え、英語を得意とした受験生が多いことが分かる。近年は平均点が50点台であるが、これはリスニングの難易度が上がったところが大きいものと考えられる。

また国語は過去5年間の平均で33.9点(50点満点、得点調整前)であり、得点率に換算すると約67.8%となる。英語と比較すると国語の問題はやや簡単であることが原因と言えるが、反面、高い得点が求められる傾向が伺える。

 

[NEXT]



WasedaSILS.com
SILS入試ブログ
SILS対策掲示板
偏差値統計情報
過去問
キャンパスガイド
合格体験記
英語・リスニング対策講座
リンク集
コンタクト
SFC
ICU
オンレクログイン
 © 1999-2016
bucho.net